木綿街道


出雲市平田町の木綿街道へ行ってきました。

江戸末期から明治初期にかけて、「平田木綿」が良質の木綿として高く評価され、遠方との取引が行われるようになりました。

その後、木綿の集散地として多くの船が往来し、賑やかな市場町として発展し綿花流通の道として木綿街道と呼ばれるそうになったそうです。

その木綿街道をフラフラと歩いてきました。

 

それではご覧ください↓