思えば1年半前に出雲弁と出会い…そして住む


思えば出雲に来たのが2017年12月。

住まいとして選んだのはレオパレス。

 

今は炎上中のレオパレスだが、単身者にとって仮住まいとしては最高のレオパレス。

そう、長居するつもりは全くなかった。

 

出雲での仕事が落ち着いたら博多に帰ろうと思っていた当時。

 

出雲2.0スタッフブログ

 

出雲で仕事を始めて、多くの方と出会い、仲良くさせていただくようになった。

 

代官町なんて、行ったことがないお店ってあるのか?と言うくらいに飲み歩いた。

 

その当時を今思い出すことがあるが、衝撃的だったのが出雲弁

 

中でも語尾に「だに」を付けること。

思い出したのは、マンガのとある登場人物。

 

出雲2.0スタッフブログ

 

マンガ「はじめの一歩」に登場する猫田銀八。

 

上越の田舎に住む彼は「だに」を使う。

 

そんなマンガの一節を思い出した出雲弁。

 

 

仕事で関わる内はお互いに敬語なので方言トークはない。

飲んだりして仲良くなってくると、敬語を使わなくなり出雲弁が炸裂してくる。

 

 

もちろん仕事中でも出てくる出雲弁もある。

お店などでも聞いたことがあるが、語尾に「ので」を付ける。

 

「承知しましたので」

 

と言うような使い方。

 

こちらからしたら、「ので」と付くと、その後があるように思う。

 

何度か「ので、何ですか??」と聞いたこともある。

 

 

方言は面白い。

その地域、地域の地域性を如実に表していると思う。

 

 

特に昔から出雲は神宿る地域として独特の風習と文化で、周囲との関係が希薄だった地域、と文献を読んだことがある。

 

独特な方言を使い回す出雲人と、素晴らしい自然に囲まれたこの出雲。

4月にはついに住民票を博多から出雲へ異動させた。

 

ついに出雲人となった。

県外人から見た出雲の素晴らしさを発信していこう。この出雲2.0が今後果たす役割はもっともっと大きなものになるなぁ、と感じた1日だった。

 

 

出雲2.0に掲載しませんか?

掲載すると下記の内容でお店を強くアピールできます。

出雲2.0に掲載をお考えの方

まずは詳しい資料をお送りします!

出雲2.0への掲載に関する資料をお送りいたします。
ご不明な点などお気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから